blog

ネックレスのダイヤのイミテーションを本物のダイヤモンドに

2018年7月29日

ネックレスのダイヤのイミテーションを本物のダイヤモンドに



storyunderline

このダイヤモンド、どちらが本物か分かりますか???
ネックレスについているのが本物のダイヤモンド、トップだけ横に置いているのが、イミテーション。いわゆるキュービックです。

イミテーションの方が本物のダイヤモンドよりクリアに見え、透明度が出ず、白っぽくみえるんです。

それに対し、本物のダイヤモンドは透明度が高いので、ダイヤモンドの周りについているプラチナの色が写りこんで、写りこんだプラチナが黒っぽく見えています。これがピンクゴールドだと茶色に写りこんで見えます。

本物のダイヤモンドは透明度が高い

このネックレス、珍しいタイプのネックレスでした。
トップについているのは、イミテーションのダイヤモンドだったのですが、チェーンの部分はちゃんとしたプラチナだったんです。親族が宝石関連の職業だったので、外商として売り歩くのに、このような見本を作っていて、譲ってくださったそうです。

このお客様はイミテーションとわかっていながら、いつもこのネックレスをつけていらしゃいました。「いつか本物のダイヤモンドに変えたい!」そんな願いを持ちながら。

そして、お子さまが生まれるタイミングに、「本物のダイヤモンドに!」と『エルドー』にお越しくださいました。

ダイヤモンドのイミテーションが大きかったから、本物のダイヤモンドに変えても、大きいサイズがいい!と0.7ctのダイヤモンドを探させていただきました。

ダイヤモンドは大きくなると、どんどん高くなっていきます。しかし、ランクやグレードによっても大きく金額が変わるんです。

そこで、大きさ重視で、予算に応じてダイヤモンドを探させていただき、完成したネックレスです。



リフォーム内容underline

元々使用されていたプラチナチェーンの、トップだけイミテーションのダイヤモンドがついていたネックレスを、トップだけ変えさせていただきました。

ダイヤモンドはサイズ重視で、ランクやグレードを見極め、よりよいダイヤモンドを予算内で探し、プラチナのネックレストップの枠にはめさせていただき、リフォーム完成です。

大きなダイヤモンドは高い!と決めてしまいがちですが、ランクやグレードによって、金額が変わってきますので、ご要望に応じてダイヤモンド探しからお手伝いさせていただきますよー。

ご自身の持たれているものが、ダイヤモンドなのか、イミテーションなのか分からない場合もお気軽にお持ちくださいね。



before&afterunderline

ネックレスのダイヤのイミテーションを本物のダイヤモンドに

 

Page Top ∧