052

昔ながらのオパールの指輪を今でも使える指輪へ

昔ながらのオパールの指輪を今でも使える指輪へ 指輪 |祖母から自分へ| 祖母からもらった指輪を
自分用の指輪へ
052
052

昔ながらのオパールの指輪を今でも使える指輪へ

リフォーム内容 祖母から形見で貰ったおオパールの指輪を、今どきのアンティークな普段使いできる指輪にリフォーム。オパールだけ外して枠(指輪全体)を作り直すと予算オーバーだったので、アーム(枠)のところは残したまま、オパールのついてる台だけ作り替えました。金額も全体を直すよりも半分ぐらいのお値段でできます。

《買取》最初にオパールのついていた台は買取させていただきました。

STORY ある日、リフォームのご相談にお越しくださいました。

祖母からの形見でもらった指輪があるんだけど、昔ながらのデザイン過ぎて今使うには・・・と言われて、今どき風のアンティークなデザインにしたいんですが、どれぐらいの金額でできますか?と。全部枠から作りかえると〇〇〇〇〇円ぐらいかかります!とお伝えしたら、少し予算オーバーとのことで、何か予算内でできるいい方法はないかと考えていました。
現物のデザインを見させていただいた所、昔ながらの枠に留まっていたのですが、アーム(腕)の部分が今どきの細めのデザインだったので、アーム部分は残してオパールのついてる台だけ作り替えると予算内におさまりますよ!と提案し、その案で進めることになりました。

オパールを1周囲うフクリンと言う留め方で、高さも低くできて普段使いしていても引っかからないデザインになりました。そしてアンティークな雰囲気にもなるので、とても気に入りました。祖母もきっと喜んでくれてると思います。

  • before昔ながらのオパールの指輪を今でも使える指輪へ
  • before昔ながらのオパールの指輪を今でも使える指輪へ
  • before昔ながらのオパールの指輪を今でも使える指輪へ
  • after昔ながらのオパールの指輪を今でも使える指輪へ

事例をもっと見る

More

あなたの
「こんな指輪やネックレス、
リフォームできない?」を
お寄せください。

リフォームご相談 >
Page Top ∧